検索
  • imamuradaisuke479

【音楽を続けるために 3 機材投資編】

以前、これからは宅録戦国時代になるかもとツイートしました。本当はこう言った設備投資も長年業界で信用を得て仕事で得た対価である程度余裕を持って揃えるものだと思います。


またそれは「底なし沼」でズブズブと永遠の投資地獄に落ち入り自身もそうなる予定でした。笑


しかし、最近知り合った尊敬するプロデューサーにかけて頂いた一言で、とりあえず胸元くらいの水カサで暫くは抑えようと思いました。

それは「近くのスーパーに豆腐を買いに行くのに最高装備のスポーツカーで行く必要は無い」という例えでした。それはそう。8畳一間の地域最安値の物件に住んでいる身分にも関わらず、もう脳内では絵に書いたようなスタジオを構築してもそれは無理な話です。でも「使い方によっては充分勝負ができる」とも。


ここ数ヶ月で揃えた自身にとっては珠玉の機材をここで紹介します。よくスタジオで見る定番機材も多いですが宅録ユーザーの方でもし知らない機材があれば参考までに。


・SHELFORD CHANNEL

初めて購入したマイクプリ。今まではNEVEをシミュレートしたプラグインでコーラス録りしていましたが、「実機」の存在感は凄すぎました。

機会があれば、違いを分かりやすくした音源動画なんかをあげてみようかなと思案中。

・NEVE1272

マイクプリ2台目。同じNEVEでもビンテージ品で価格高騰もあって中々入手困難です。こちらはお世話になっている機材コーディネーターの方からあるスタジオの売却オークションを教えて頂き運よく落札できました。


・UAD 1176LN

・TUBE-TECH COMPRESSOR CL 1B

コンプレッサーの代表的な名機。自身がRECしたどこのスタジオにも入ってました。こちらは偶然クラブハウスにて知り合ったプロデューサーの方から安く譲っていただきました。ありがとうございます。😭

両方ともプラグインで似せた物をよくみかけますが、実機の使い方はまだよく分かってないので、少しずつ勉強します。

・OCX HD

ワードクロック・ジェネレーターと言われる装置。上手く説明できないのですが、マイクからの音声信号を均一にする装置らしいです。声を張ったときの歪みがなくなり粒が揃って全体にスッキリと聴こえるようになりました。

・FOCAL SHAPE 50

前に使っていたモニターよりこちらは低音域が素晴らしく綺麗にでる気がします。


・POWERDAM

これは機材を揃えようと決意するきっかけとなったと言っても過言ではない電源機器。録音環境について相談していたエンジニアの方に教えて頂いたのですが、余りの音の変化にびっくり。まだまだ良い音の音源が自身の環境でも作れるなとその時実感しました。DAMという名前の通り,中に電流を蓄積させる銅板が入っていて常に必要量の電力を供給できるシステム何だとか。「アウトボードへコンセントからケーブル直の場合厳密に言うと電力が機材に必要量足りてないらしいです」Macからインターフェイス。とりあえずメイン機材に全部繋げて、現在この有様。笑 


もう少しあるのですが、また折をみてツイートします。


今年の初めからあらゆる手を使ってこれらを全て個人のツテでそろえました。「一部ウルトラCも使いましたが」もう血の一滴もでません。笑 ただ音は激変しました。 

頑張りましたという事ではなく、ようやく自分の中で準備が整いましたというご報告です。続く、。...

518回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示